整体師としての適性があるか把握しよう

誰しもが整体師に向いているというわけではありません。人によって向き不向きがあります。整体スクールに通う前に、まずはどんな人が整体師に向いているのか頭に入れておきましょう。もし、適性がなければ、不足している部分を見つけ、その不足分を補うことができるよう努力しましょう。

整体師として適性がある人

男性
no.1

奉仕をするのが苦じゃない

最も整体師として適性があると言えます。整体師は患者の身体の不調の改善を図るのが仕事です。患者に対して、「身体の不調を治したい」と心の底から思える人は整体師として長続きするでしょう。

no.2

努力を怠らない

患者さんによって、訴えてくる症状は異なりますので、それぞれの症状に合った施術をしなければいけません。そのためには、豊富な知識が必要になります。日々の業務をこなすだけではなく、技術力を向上させるために常に勉強するのが大切なのです。

no.3

体力があり精神的に強い人

整体師はハードワークな職業です。体力がなければやっていけません。また、時には患者さんから苦情を言われることもあるでしょう。そのようなことにもめげずに業務をこなすことが出来る人は整体師に向いていると思います。

整体師と柔道整復師は似ているようで違う

整体師と似た職業で「柔道整復師」という職業があります。この二つの職業は患者の身体の不調を治すことでは一緒ですが、似て非なる職業です。どんな特徴があるのかまとめてみました。

柔道整復師と整体師の特徴を比較

柔道整復師

養成施設で必要な知識と技術を学び、国家試験に合格して初めてなることができる職業です。整体師と違い、身体のどこかしらの不調を訴える患者に対して、保険が適用できる治療を施すことができます。

整体師

整体師になるには必須の資格はありませんが、整体スクールなどに通って民間の資格を取得するのが一般的です。筋肉に刺激を与えたり骨盤矯正などといった施術で、患者の身体の不調を治します。

[PR]
視能訓練士になるための方法
専門教育が受けられる学校を厳選!

質の良い授業を受けたいなら整体スクール選びに時間をかけよう

施術

整体スクールを選ぶ際はまずは情報集めから

整体師として働きたいのであれば、整体スクールに通うのが一番の近道です。整体スクールは、全日コースや夜間コースなどといったタイプがありますので、自身のライフスタイルに合ったコースがどれかを考えておきましょう。そして、OBの卒業後の進路についてもチェックしておいてください。独立している人が多かったり就職率が高かったりしていたら、授業のカリキュラムがしっかりしているということになりますので信頼ができます。また、整体だけではなくリンパマッサージの方法を学びたいといった時はリンパマッサージスクールがおすすめです。リンパマッサージを習得することで介護や福祉施設、エステやリラクゼーションサロンなどで働くことができるため色々な場所で活躍することができるでしょう。