ロゴ

視能訓練士の養成施設で学ぶことができる実習の内容

HOME>Topics>視能訓練士を目指すにあたり覚えておくべきこと

視能訓練士には様々な魅力がある

近年、視能訓練士の知名度が広がりつつあります。この職業のお仕事をすると、色々な場面でやりがいを感じることがあります。やりがいを感じることで、誇りを持ちながら仕事をすることができるでしょう。

視能訓練士としてのやりがい

  • 患者に喜んでもらうことができる
  • 間近で患者さんの目の機能が回復していくのを見ることができる
  • 目の機能に関する知識と技術を日々磨くことができる

視能訓練士のお仕事内容を覚えておこう

視能訓練士の学校への進学を考えているのであれば、今から視能訓練士の仕事内容を覚えておいて損はありません。進学前から把握しておくことで、進学後のイメージもしやすくなると思いますよ。

視能訓練士の仕事内容

男性

目の機能の検査

一般的な視力検査ではなく、専用の機器を用いて、視力の他に視野や眼圧など、目に関する検査を徹底的に実施しています。精密な検査をすることで、患者が訴える症状のどこに原因があるのか把握することができるのです。

機能回復するための指導

斜視などの症状の患者さんに対して、目の機能が正常になるためのトレーニングを施します。患者さんが途中で挫折することがないよう、高いコミュニケーション力が要求されます。

様々な施設での検診

一般的には、病院などの医療機関で働くのですが、時には学校や企業などで検診を行うこともあります。施設へ訪問して検診をすることで、目の異常の早期発見にも繋がるのです。

障害を持った方に対してのリハビリの実施

高齢化社会が急速に進行している日本では、緑内障など目に関する障害を持った方が増えつつあります。そのような方に向けて、自立して日常生活が送れるようサポートをします。

視能訓練士を目指すにあたり覚えておくべきこと

男性

養成施設で実施する実習の内容

視能訓練士になるにあたり、必ず実習することになります。初めのうちは、教室内で生物学の基礎を学ぶための実習がなされます。その後は、実際の仕事内容に則した実習になっていきます。最終的には、眼科を訪れての実習になり、臨機応変に対応することが必要です。